03-3792-0418再診専用ダイヤル

0120-823-418初診専用ダイヤル

恵比寿南1丁目2-11フォーシーズン恵比寿ビル 6F

平日 9:30~13:00 / 14:30~19:00         休診日 日曜・祝日
土曜 9:30~13:00 / 14:00~18:00

初診専用
ネット予約は
こちら

ブログBlog

2023-1-18

知覚過敏って何?なんでなるの?

こんにちは。かめだ歯科クリニックです。

今回は知覚過敏についてお話します。

知覚過敏とは、冷たいものを口にした時に感じる「歯が痛い」「歯がしみる」などといった症状です。
温かい物や甘い物などで感じることもあります。

むし歯になどにより起こる痛みとは別物です。

 

知覚過敏の原因

歯の表面は「エナメル質」で覆われていて、その内側に「象牙質」があります。

象牙質内には無数の管状の構造物があり、象牙質の内側の歯髄(神経)と交通しています。

そのための象牙質が何らかの理由により口腔内に露出すると、その管を通して様々な刺激が歯髄に伝わりやすくなります。

 

象牙質が口腔内に露出する原因としては、以下のようなことが挙げられます。

 

・歯のすり減り

・歯茎が下がったこと

・歯の破折 など

 

歯がすり減るということは、歯の表面のエナメル質が削られることを意味します。

これにより象牙質が露出し知覚過敏症状を感じることがあります。

なお普段歯茎に覆われている根の部分は、エナメル質がありません。

そのため加齢などにより歯茎が下がると、口腔内に象牙質が露出します。

区あえて転んだことなどにより画が割れたりひびが入ったりした場合も、象牙質が露出し知覚過敏症状につながります。

 

知覚過敏の対処法、治療方法

・知覚過敏用歯磨き粉の使用

・薬剤の塗布

・象牙質露出面を材料で覆う など

 

市販の知覚過敏用歯磨き粉でも効果を感じられることがあります。

また一般的なフッ化物入り歯磨き粉を使用することで症状が和らぐこともあります。

 

 


一覧へ